日本ソーラーエネルギー教育協会
Japan Solar Energy Education Association(JSEA)


将来の世代に美しい地球を残すため、太陽エネルギーの有用性を環境・教育・防災・アウトドア等の活動において、国内はもとより国際的にも活動している会である。ホームページはこちらhttp://www.geocities.jp/japansolarenergy/
ソラエネツィッター

メニュー

サイト内検索

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●新しい民主主義!学生+学者が安保法案で共同抗議●
7月31日の大規模な政治デモを、学生と大学教員らが共催したのは、
私が生きてきた70年で初めてのことでした! 嬉しいかぎり!
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/
CK2015080102000122.html

昨年、NNAF(ノーニュークス・アジア・フォーラム)の会合で台湾を
訪問し学生を中心にした民主化運動の素晴らしい活動を背景に
脱原発運動が勝利している姿に感動しました。日本から参加した
女性たちは、「日本のデモは年寄り(60代前後)が多くて、若者たち
がリードする台湾のようにならなければ、日本の未来は危ないね」
と一致した意見でした。

その夢が叶いました!  それだけ政治が緊急事態になったから
ですね。

デモ(抗議)でなく(講義)だという発想もなかなかのものですね。
安保法案に反対する学者の会  http://anti-security-related-bill.jp/

アピール賛同者(学者・研究者)12644人
アピール賛同者(市民)    27003人

市民も賛同者に加われますので応援しましょう。

民主化運動も脱原発運動も長期の市民の正義の闘いです。
そうした市民運動と地球温暖化問題は、全く別のものではなく、
市民の力が増せば増すほどその波及効果が増してくるの
ではないかと期待しています。
学生や学者たちの会を応援しましょう!
スポンサーサイト
再生(自然)エネルギーに対する世界の風
やがて枯渇する運命の化石燃料依存から抜け出したい。
チェルノブイリや福島の現実に向き合えば
原発とは共存不能・・・
だから無限にあって危険の少ない再生エネに切り替えようー。
これが世界に吹く風です。

ドイツ再エネの割合を60%目標
中国は再エネ大国
原発大国フランスでも32%目標
米カルフォルニア50%目標
日本たった数%しかないのにさらに低くする政府の方針です。
大手電力会社の独占で再稼働を控えた原発のために
送電線は開けておこうというのでしょうか?
あれほどの事故を起こしておきながら原発は今も主力電源の
位置づけです。


(以上は東京新聞6月14日の社説を参考に書きました)

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。