日本ソーラーエネルギー教育協会
Japan Solar Energy Education Association(JSEA)


将来の世代に美しい地球を残すため、太陽エネルギーの有用性を環境・教育・防災・アウトドア等の活動において、国内はもとより国際的にも活動している会である。ホームページはこちらhttp://www.geocities.jp/japansolarenergy/
ソラエネツィッター

メニュー

サイト内検索

QRコード

QRコード

国連気候サミットに向けてー原発も気候変動もない世界へ  共同声明 9月19日
共同声明:

国連気候サミットに向けて-
このたび、気候変動問題や原発問題などに取り組む複数の団体が「共同声明:国連気候サミットに向けて-原発も気候変動危機もない世界へ」を発表しました。
————————————————————————————–
2014年9月19日
共同声明:国連気候サミットに向けて-原発も気候変動危機もない世界へ

————————————————————————————–

気候変動の危機は私たちが直面する最大の課題の一つであり、地球上の生命に対し未だかつてない脅威をもたらしています。このたび、9月23日に国連潘基文事務総長の主宰で気候サミットが開催され、各国首脳陣のみならず、企業、金融、市民社会のリーダーが招かれています。このサミットの目的は、2015年にパリで開催されるCOP21で有意義な国際合意が得られるよう政治的意思を結集すること、私たちはこの会合が気候変動危機を回避するための2015年の意欲的な国際合意への大きな一歩になることを期待します。

一方で私たちは、原発を気候変動問題の解決策とすることに強く反対します。日本では、2011年に東京電力福島第一原子力発電所が史上最悪の事故を起こし、数十万人の人が避難を余儀なくされ、未だに放射能が環境、とくに海洋中に大量に放出される状況が続いています。こうした悲劇を二度と繰り返してはなりません。原子力は、次のような理由から、使用する上での莫大なリスクがあり、気候変動の解決策にはならないことを強調しておきたいと思います。

1)事故時の社会的・環境的被害、健康、土地と住居、安全な水へのアクセス等の基本的人権の侵害は計り知れず、とりわけ、女性や子どもなどの社会的弱者が特に深刻な被害を受ける。

2)事故がなくとも、放射能汚染のリスクが常にあり、周辺環境や生態系が汚染されるうえ、原子炉を稼働する限り放射性廃棄物が発生し、処理方法も決められていない。ウラン採掘及び核廃棄物は、保健衛生、土地の権利、環境保全の観点から深刻な人権侵害および健康や生態系へのリスクをもたらす。

3)原発保有国での原発依存は必然的に原発非保有国への核拡散につながる。

4)大規模システムを維持するために小規模分散型の再生可能エネルギーの普及を妨げる。

5)原発が大量消費を煽るため省エネなど他の対策がおろそかになる。

6)原発がなくても代替の発電技術や省エネルギーで野心的な温暖化目標が達成可能であり、かつコスト上昇も甚大ではないことを最新のIPCC報告書が示している。逆に事故リスクの大きさを適切に考慮すれば、原発は極端に高コストな温暖化対策技術である。

7)運転中の温室効果ガス排出はないことになっているが、ウラン採掘から始まり建設から核廃棄物の処分/保管までの核燃料サイクルを通じていえば、多くの代替発電技術より温室効果ガスが排出される。

8)原発は増えても温室効果ガス排出量は減っていない。

9)温室効果ガスの大幅削減が急務であることに対し、次世代型原子炉に関する議論は実現性も安全性も不確かであり非現実的かつ不適切である。

これからの社会においては、原発や気候変動の強大なリスクをふまえ、原発にも化石燃料にも頼らない、持続可能なエネルギーシステムの構築こそが必要です。それは、省エネルギーとエネルギー効率化、再生可能エネルギーによるものです。

私たちは、日本政府および国際社会が、原発も気候変動もともに計り知れない脅威をもたらしうることを共有し、安全で平和な持続可能な社会に向けた第一歩を踏み出すことを求めます。

———————————————

気候ネットワーク
国際環境NGO FoE Japan
ヒューマン・ライツ・ナウ
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)
グリーン・アクション
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
動く→動かす
国連生物多様性の10年市民ネットワーク(UNDB市民ネット)
公害・地球環境問題懇談会
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)

関連して、19日に下記のアクションを実施します。
—————————————————————-
Nuclear Free Carbon Free パレード
~原発は気候変動対策にならない!~
https://www.facebook.com/PeoplesClimateMarchJapan
—————————————————————-

川内原発の見学~説明員の洗脳教育 8月24日
川内原発に行ってきました。
写真のようにすてきな田園風景と山には風車が立ち並び、まるでドイツの田舎のような素敵な風景に見とれました。

IMG_2146sh縮小風車

しばらく行くと原発反対の赤い標識がありました。
しかしまたしばらく行<くと原発推進の看板がありました。

IMG_2145縮小原発反対

縮小原発推進看板

発電所の近くになると写真のような鉄条網があって50m位おきに監視カメラがついていました。それが20個位(約1km位)ありました。
P8240768sh縮小鉄条網6監視カメラ






川内原発は写真のように緑化されエコの色を使い発電所のイメージアップを図られていました。
P8240772縮小川内原発



発電所の前には原子力関連企業と経産省が建てた展示館がありました。そこでは説明員が見学者に説明していました。

P8240777縮小川内原発展示館協力企業名


一緒に行った仲間(鹿児島県在住の普通の市民)が「安全対策について説明いてほしい」と要望したところ、映画を見せてく
れました。幾重にも安全対策がしてあるから大丈夫という映画でした。

そこでその仲間が質問した。
Q:「風車があったけどどのくらい発電しているのか?」
A:「12基あるが今は発電していない」

Q:どこの会社が作っているのか?
A:株式会社の柳山ウインドファーム

Q:「監視カメラは何のためか?」
A:テロ対策のため

Q:放射能が海に流れないのですか?
A:それは大丈夫です。柔らかい布で吸収できるようにしてあります。

私たちが質問しているところに、どうやら主任の女性説明員が上から目線で応援に来た。(説得)
説明員:資源の少ない日本は絶対に自然エネルギーにはなれないんです。
私:ドイツより日本の方が資源が豊富ですよ。

説明員:ドイツはフランスから電力を買っているんですよ
私:ドイツは自然エネルギー輸出国ですよ
私たち:やる気がないだけではないんですか!

私たち:あなたは洗脳されていますね。教えてもらった通リをしゃべっているだけですね。
     自分できちんと調べて言っているのではないですね。

説明員:どうもすみません。勉強します。

施設内の電光の掲示版に0・75 という表示がありました。

IMG_2151縮小放射線量東表示版







  



最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンタ