ソーラーエクスプレス20号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
ソーラーエクスプレス20号
日本ソーラーエネルギー教育協会
               配信:2009年 6月5日 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■ 過去の情報■
★1. 地球温暖化中期目標に向けて、関係各党の議員とNPOとの
勉強会  衆議院第2議員会館  6月2日

科学に基づく、野心的な中長期目標25~40%を求める有識者136
名の請願書と署名123295名分を提出.
日経新聞(6月2日)に全面広告を出す。 

★2. エコビレッジ「ミレニアムシティ」が日経新聞夕刊とNHKテレビ
ニュースで紹介  6月5日

■今後の予定■
★1.新エネルギー世界展示会  6月24日~26日   幕張メッセ
(REEP、PVネットからの情報)

★2.インドネシアでの「ソーラーエネルギープロジェクト」 8月7日  
インドネシア STAIN大学
(ソラエネ、JSEAからの情報)

-----------------------------------------------------
■過去の情報■
★1.地球温暖化中期目標に向けて、関係各党の議員とNPOとの
勉強会   衆議院第2議員会館 6月2日

 賛同有識者5人の発表を、各党の地球温暖化対策議員さんと共に
勉強する会(主催:気候ネットワーク、FOE-Japan、環境文明21)を、
議員会館内で開催しました。その後有識者136名の意見書(科学
に基づく野心的な中期目標25~40%削減を求めるMAKE the
RULEキャンペーンに賛同します。)を議員さんを通じて国会に提出
しました。
MAKE the RULEキャンペーンには、環境団体160団以上がこれに
賛同し、各地でCOP15コペンハーゲン会議に向けて署名を集めて
きました。当協会も東京地区の賛同団体として応援。署名数は、
全体で267409筆となり、123295筆の署名を6月2日に国会
に提出しました。5日日経新聞の朝刊に、面白い漫画風の全面
広告を出しました。ぜひ見て下さい!そして実現を祈って下さい!
----------------------------------------------------
★2 エコビレッジ「ミレニアムシティ」が日経新聞夕刊とNHKテレビ
で紹介される  6月5日
 山林と畑の広がる千葉県香取市の丘に、ガラス張りの温室が
5棟建っています。温暖化などで傷ついた地球環境や、人の繋がり
が希薄になる一方の社会を庶民の目線で見つめなおそうと自分達
の手で造り上げた実験的施設である。(日経新聞)
現在、海外からも環境関連の研究者が視察に訪れ、注目を集めて
います。11月には旭市に定住型の「旭ミレニアムシティ」が完成し
ます。その施設には、当協会として、ソーラークッカーの博物館兼
ソーラーキッチンを提案しています。    http://npo-mc.com/
---------------------------------------------------
■今後の予定■
★第4回新エネルギー世界展示会  幕張メッセ国際会議場  
6月24日~26日 午前10時~午後4時まで

日本から世界に向けて新エネルギーに関する最新製品・技術・
情報を発信する機会で毎年開催され、今年で4回目となります。
企業が中心ですが、NPOでは自然エネルギー推進フォーラム
(REEP)と太陽光発電所が出展します。
REEPは、「熱をはかる」というテーマの展示。PVネットは「賢い
太陽光発電ユーザーになろう!」というテーマ。皆様お誘い合
わせて、見にいらっしゃって下さい。 
http://www.renewableenergy.jp/top.html
--------------------------------------------------
★ソーラーエネルギープロジェクトin インドネシア STIN大学
8月5日~8月7日★

 小学校の教職員・地域リーダー対象の環境教育体験講座
(3日間)のシリーズのうちエネルギー教育分野を当協会が
担当します。内容は、ソーラーパネルについて講義と実技
(ソーラー街路灯製作)は、インドネシアでの活動経験の
長いソーラーネット 桜井氏が担当し、ソーラークッカーは
当協会の白井が担当。地震時の水の殺菌方法や現地に
適した料理、環境・防災教育としてのソーラーグッズ(ソー
ラーランタン、ソーラーポット、ソーラーラジオ等)の紹介な
どを予定しています。
具体的なプログラムは現在製作中です。また現地の食習
慣や生活スタイル、災害時とその後について事前調査して
おりますので、インドネシアに詳しい方にどうぞよろしくお願
いいたします。
---------------------------------------------
編集後記:
皆様が支えて下さったお陰で、ソーラーエクスプレスは、
今月号で20号となりました。ありがとうございました。
この号ではお陰さまで生き方の発見がありました。
今まで定量的な生き方・活動に定性的な生き方を取り入れ、
個人としてもバランスをとった生活をしたいと思うようになり
ました。それは6月に2つの大きな流れの渦の中で考え感
じたことでした。(文責 白井)
---------------------------------------------
★。・' ☆。・'★。・' ☆。・' ★。・' ☆。・' ★
日本ソーラーエネルギー教育協会 
事務所:東京都杉並区荻窪2-42-30
TEL&FAX 03-5347-1508
Mail: solar_enegy@hyper.cx
http://solarcooker.blog10.fc2.com/blog-category-20

ソーラーエクスプレス19号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
ソーラーエクスプレス19号
               日本ソーラーエネルギー教育協会
               発行:2009年 5月3日 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓    
1.「ソーラープロジェクト」in インドネシア 現地視察と話し合い  
  4月29日~5月1日     ジャワ島 サルティガの大学
■関連団体の情報とイベント
2.自然エネルギーでロクロをまわす陶芸家岡本さんの作品展 
 鎌倉 5月2日~6日まで      PVネットからの情報

3.Make the Ruleキャンペーンの報告と今後の意見交換会
                 FOE-J&気候ネットからの情報
   「どうなる?どうする?2020年 温暖化対策の中期目標」
      5月7日(木)13:30~16:30  総評会館201会議室
4. 原発なしで暮らしたい「みんなで届ける原発増設(
  宮崎県川内)反対署名」       足温ネットからの情報
★----------------------------------------------- 
                  
1.   ソーラープロジェクトin インドネシア 
British Council&LRQA(企業)後援 
4月29日~5月1日
 ジャワ島中央部 サラティガの大学
(State Islamic Studies Institute)
現地視察と話し合いの結果、プロジェクトの大筋が決まりました。
今年8月の中・下旬に現地大学側が小学校の先生や地域リーダ
ーを対象に、環境教育ワークショップ「ソーラーエネルギープロジェ
クト」を開催し、その中味の実践編をこちら側が引き受ける(主管)
という話になりました。

10年以上前、原発が日本からインドネシアに輸出されるという話
が持ち上がった時、現地に飛び込んで阻止しようとした日本のNGO
が太陽電池の作り方を最初に教えたのがジャワ島サラティガのNGO
のメンバー達だったそうです。
そして今回訪問した大学がまさにそのサラティガにありました。そこで
ワークショップの中味も「ソーラークッカー」と「ソーラーパネル」をツール
として「地球温暖化問題」だけでなく、「エネルギー問題」も内容に含む
ことで意見が一致したようです。

現地側責任者は、イスラム教のバックグラウンドがあり、大学もイスラム
系ですが、ワークショップには、キリスト教系、仏教系の学校の指導者を
混ぜて行うとのことで、異文化理解、平和教育としての要素もあると期待
しています。
パネルの方は、先の日本のNGOの代表者が、8月にインドネシアに技術
センターを設立する予定なので、パネル製作等の専門的部分については
協力してもらうことで話が進んでいます。
★--------------------------------------------------------------------
2.小諸・天池窯の岡本一道さんの鎌倉個展     5月2日~6日
鎌倉 ギャラリーやまご(小町通り日本目左接)

PVネット(太陽光発電所ネットワーク)では、今年度、長野県小諸市と
エネルギー事務所(仮)の開設で共同事業を始める予定だそうです。 
自然エネルギーの中立的相談・アドヴァイザリー事業を行うPV-Net初
の試みで、自治体と協力しながら市民主導で進めるものだそうです。

なお、小諸市とは市内の全小学校8校に設置されていて各10kWの
太陽光発電のグリーン電力証書を東京・大手町のオッフィスが購入
する仕組み「自然豊かな地域とエネルギー多消費の都市との自然
エネルギー連携(パートナーシップ)」も同時に進めていて、この事業
も太陽光発電では全国的に先駆的な試みだそうです。
小学校のPVは小諸市所有で、この事業の立ち上げに大きな役割を
担った人が、小諸在住の天池窯の岡本一道氏です。今回は特別に
鎌倉の個展を開くとのことなので、近郊の方々や、おついでのある
方々には、散策を兼ねて覗いてみることお奨めです。
★-----------------------------------------------------
3. Make the Ruleキャンペーンの現在までの報告と今後の意見交換会
  現在までの署名総数:  80589 
「どうなる?どうする?2020年 温暖化対策の中期目標」
5月7日(木)13:30~16:30  総評会館201会議室
                        
前号でお知らせしましたように、~新しいルールで、地球をクールに~
の署名は賛同団体が160団体となり、「アースデイ2009」で4040名
の署名が集まり、合計80589となりました。そしてこれからCOP15に
向けて日本の中期目標がまもなく決まる正念場を迎えます。署名は5月
15日まで受け付けていますから、ご協力下さい。以下のホームページか
らダウンロードして使えます。
http://www.maketherule.jp/dr5/node/804

また「中期目標に関する意見交換会」では、市民が参加して、科学の要
請に応え低炭素社会を実現するために意見を出すチャンスです。
参加費:無料
★-------------------------------------------------------------------
3. 原発なしで暮らしたいという「みんなで届ける川内原発増設反対署名」
                          足温ネットから情報
宮崎から、署名のお願いが足温ネットに届きました。以下はその内容です。
川内原発の増設に対する危機を訴え、反対を求める署名です。ぜひ、署名
に参加してくださいとのこと。オンライン署名もあるとのこと。
■■■ 原発なしで暮らしたい
■■■ 「みんなで届ける川内原発増設反対署名」
■■■ ~大事故が起これば「すべて」を失います
http://kazashimo.web.fc2.com/shomei.html
 今年初め、九州電力は鹿児島県と薩摩川内市に、川内原発の増設を申し
入れました。川内原発は、運転開始から25年、老朽化が進み、そこに新たに
日本最大・世界最大級の159万kWの巨大原発(建設費:約5,400億円)をつく
ろうというのです。
 将来世代のためにも、負の遺産を残す原発に頼らない温暖化対策こそ求め
られています。鹿児島県知事に、九州電力の増設申し入れを拒否されるよう
に、みんなで訴えたい。
■オンライン署名
http://www.shomei.tv/project-948.html
■オンライン署名(携帯)
http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=948

★---------------------------------------------------------------------
編集後記:今回インドネシアの話は、インドネシアの大学関係者が要望している
ことと、こちらが支援できることが上手く重なっただけでなく、実施の日程さえ
も先方の要望とこちら側とがぴったり一致していてまさに共時性を思わせるよう
でした。インドネシアと日本のソーラーによる友好の架け橋が、また1つ築いて
ゆけることは、何よりうれしいことです。
なおご意見・ご質問は以下のメールにお寄せ下さい。 
----------------------------------------------------------------------
(文責)
★。・' ☆。・'★。・‘ ☆。・‘ ★。・' ☆。・' ★

日本ソーラーエネルギー教育協会 

TEL&FAX 03-5347-1508

Mail: solar_enegy@hyper.cx

http://solarcooker.blog10.fc2.com/blog-category-20

ソーラーエクスプレス18号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ソーラーエクスプレス18号

日本ソーラーエネルギー教育協会

              発行:2009年 4月7日 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓    

■主な記事■

1.エネルギー教育導入「小・中学校調べ学習用」ページ開設
4月5日

関連団体・関連事業

2.「世界子どもサミットin 横浜」小中学生参加者応募〆切迫る 

4月10日

3.太陽光発電『固定価格買取制度』の法制化 緊急勉強会の報告    

ノルド社会環境研究所(東京) 4月2日

4.「アースディ東京2009」    代々木公園    4月18・19日 

★-------------------------------------------------

1.エネルギー教育導入「小・中学校調べ学習用」ページ開設 
4月5日

 昨秋から小・中学校の先生方から「ソーラークッカー」と現代社会
のニーズである「自然エネルギー」や「低炭素社会」とを結びつける
ための「調べ学習用」ページが欲しいという要請がありました。
その要請にこたえて、昨年IEARN-USA(インターナショナル・エデュ
ケーション・アンド・リソース・ネットワークのアメリカ支部)のユースを
対象にプレゼンした画像をもとに、当協会のホームページ(ブログ)
に作りました。
小学校低学年からも使えるように、子どもの目線で、技術的・専門
的なことは省いて、やさしいストーリーにしました。追加・修正確認を
終えた4月中旬頃には、見やすくするために画面を大きくする予定と
なっています。
皆さま、お暇な時にぜひ一度ご覧いただき、ご意見をお寄せ下さい。
以下のブログの調べ学習(小中学生用)をクリックして下さい。
http://solarcooker.blog10.fc2.com/blog-category-6.html
また来月の19号には、高校生以上、教師・大人向け用の質問
コーナーのページを開設する予定ですので、どしどし質問をお寄
せ下さい。
★---------------------------------------------------
2.「世界子どもサミットin 横浜」小中学生参加者応募〆切迫る 
4月10日

前にもお知らせしたように「地球環境」と「国際平和」を2つの大きな
柱として「世界子どもサミット」が、横浜開港記念行事に一環として8月
10日(月)~12日(水)に神奈川県民ホールと大桟橋ホールで開催
されます。これは、世界30ヶ国の10歳~15歳の子どもの代表が各2
名ずつ参加します。日本から参加する子供達(小中学生)の募集〆切
が迫っています。参加希望者は、以下のJEARNのホームページから
エントリーシートをダウンロードして応募できます。
JEARNのホームページは  http://www.jearn.jp/japan/

★----------------------------------------------------
「固定価格買取制度」(FIT)についての緊急勉強会の報告 
           ノルド社会環境研究所(東京) 4月2日
これは、再生可能エネルギーを普及する目的で生まれた制度で、
エネルギーの買い取り価格を法律で定める制度です。「太陽光発電所
ネットワーク」(PVネット)「自然エネルギー団体」「循環型社会研究会」
が今まで法制化を要請してきたことと世界の大きな流れに対して、経産
省が急遽踏み切ったと思われます。今回決定したものは太陽光発電だ
けですが、法律で義務化されたことは画期的なことです。
講義は、以下のようなものがありました。
千葉法経学部教授 倉坂秀史氏の「市民による自然エネルギー促進法
の実現をめざして」
産業技術研究所研究員 桜井敬一郎氏の「「買取義務法の内容と意義」
経済産業省新エネルギー対策課 眼目佳秀氏の「太陽光発電所の新た
な買取制度について」
PVネットの都筑健氏「日本型買取り義務法に対する意見表明と要請」
日本型は、ヨーロッパ諸国で導入されている“全量”ではなく“余剰”で
すが、その長所は電力が金融商品化されずに、地産地消のエネルギ
ーとして活かせること。国民に税金としての負担が少ないことなどが
あげられました。

なお“全量”が良いか“余剰”が良いかは議論が現在2つに分かれて
いますし、またNPO側と役人側とのホンネと建前の部分も正直にさら
け出し、国民が声を上げることが法案作成に大きな影響を与えること
が話されました。
会場は、各地から詰めかけた参加者で定員オーバーとなり、エネルギ
ーの未来について、高い次元での話となり、熱気に包まれていました。
また最後の挨拶には、足利工大の学長の牛山泉氏から「日本の未来
をどうしたいのか」という真剣な問いかけもありました。

★--------------------------------------------------------
「アースディ東京2009」 代々木公園   4月18(土)19日(日)
毎年12万人以上の若者たちが集う恒例の「アースディ東京」が、今年
も代々木公園・明治神宮・渋谷・原宿で開催されます。詳細は以下の
ホームページでご覧下さい。http://www.earthday-tokyo.org/


また当協会が賛同団体となっている「Make the Rule」(事務局は
FOE-JAPAN)では現在ボランティアも募集しています。
詳しくは http://www.maketherule.jp/dr5/

★------------------------------------------------------

編集後記:この度、小中学校の先生方の要請によって「調べ学習用」
のコーナーを開設することになりまして、当協会にとってもその都度、
現場の先生や関係者に、ビッグメールを送らなくても良くなり手間が
省けます。また皆様からの感想や質問をお寄せいただきますと、さら
に今後の活動に活かせますので、どうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------

(文責 白井)
★。・' ☆。・'★。・‘ ☆。・‘ ★。・' ☆。・' ★

日本ソーラーエネルギー教育協会 

TEL&FAX 03-5347-1508

Mail: solar_enegy@hyper.cx

http://solarcooker.blog10.fc2.com/blog-category-20





-

ソーラーエクスプレス17号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

ソーラーエクスプレス17号

              発行:日本ソーラーエネルギー教育協会

              発行日:2009年 3月5日 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓    
■主な記事■
過去の報告
1.新春ミーティングの報告と討論のルール      1月31日
2.Earth Smile(笑顔で暮らせる地球のため)展のワークショップ
                          2月7日
3.MAKE the RULE キャンペーン議員会館内イベント  3月5日
今後の予定(関連団体・関連行事)
1.ソーラーマイレージ全国大会            3月7日
2.MAKE the RULE 署名締め切り           3月20日

★--------------------------------------------------
1.新春ミーティングの報告と討論のルール
 参加者: 14名 内容は
?. エデュクッカーの素材について
? 熊川氏から「まちかどクッキング」と実験とその報告
?. 今後のイベント等は、毎月のニュースでお知らせし、皆様と
ともに出来る範囲で参加する予定
?意見の概要
・ソーラークッカーの素材は、ダンボールが良い。
プラスチックは、ごみになって地球を汚すだけでなく、環境ホル
モンなどの問題があるから経済優先ではなく、命を守るために
もダンボールが良く、廃棄する時には自然に返るから。
・ダンボールの方が良い。プラスチックなど、環境のために論外
である。クリップも要らない、ダンボールだけで現地で作らせれ
ば良い。大人の教育(生涯学習)にも伸ばすべきである。お金の
問題は、ODAや文部科学省などの助成金をもらえば良い。
・材料は現地で調達できるような素材を見つけて、そこで現地の
人が自ら作って使えば、それは現地産業の育成にもなり良い。
・生涯学習の件は、お金の問題ではなく、やり方の問題である。
・ホットポットは金属の材質で折りたため、耐久性もあるので、
 地球を汚す心配もないので材質の問題がクリアーできる。
・素材は、長持ちするならプラスチックでも何でも良い。

?鍋を黒く塗る代わりに木綿のTシャツでくるんだら上手くいった
だけでなく、出来上がったときに温度を測ったら、95度にもなって
いた。(くるまない時には90度)風で吹き飛ばないように、ペット
ボトルに水を入れて両端においた。

○討論のルール

司会進行をしていて感じたことは、意見を言う時に大切な最低
限度のマナーを守って発言して欲しいことでした。今後の会を
進めるにあたって大切なこととして以下に討論のルールとして、
まとめました。  
1.お互いの人格を尊重し、ことば使いやマナーを心得ること。
2.お互いの意見を尊重し、自分と違った意見に対してダメと
いう否定をしないこと。         

★-------------------------------------------------

2.EATHE SMILE(笑顔で暮らせる地球のために)のワーク
ショップ
           2月7日 神戸国際交流プラザ
 JEARNに協力して、神戸で3回目のワークショップですが、
いつも曇りか雨で実演は できませんでしたが、 今回は
初めて、JICA前の公園
き、参加者の小学生の親子や海外の参加者に試食させること
が出来ました。

★----------------------------------------------

3.Make the Rule キャンペーン議員会館内イベント(第1回)   

3月5日  参議院議員会館第6会議室
温室ガスを確実に減らすしくみ(法制化)を求める「MAKE
the RULE」は、

~新しいルールのもとに地球をクールに~
をキャッチフレーズに、三浦雄一郎氏、飯田哲也氏、
田中優氏、辻信一氏、枝広淳子氏等呼びかけ人20人
と参加団体(実行委員会)50団体、賛同団体100団体
となりました。[ライフスタイルフォーラム2008」以後も
各地で実行委員団体が中心となって署名活動を展開し
てきました。当協会は、賛同団体として、実行委員
会団体からの情報により参加できる時は参加してきま
した。 この日は、

中長期目標を定める法律を作る意義とは?
(1)イギリスの動向とNGOの活動  
(FoE Japan )
(2)法制度と政策から見る世界のトレンド
(気候ネットワーク)
(3)首相官邸の中期目標検討委員会へのNGOコメント
(WWF ジャパン)
からのプレゼンがあり、それぞれの党の環境対策委員
の議員さんが熱心にプレゼンを聴いてくれました。その
後それぞれの党の環境対策委員が感想と今後の抱負
を述べたり、熱く語る場面もあり、NGOが掲げた「30%
削減」に対して超党派で努力したいという議員さんが多
数だったことは、素晴らしい一歩を踏み出した!!と
実感できました。
イギリスでNGOが議員や企業や市民を動かし法案を
作らせたように、日本も頑張れば出来るという希望と
パワーを感じました。

COP15(コペンハーゲン)において、日本の中期目標
がでるかどうかが世界の注目となっています。その正
念場が6月です。
日本がんばってほしい!!このような勉強会を含めた
話し合いが、今後も地球温暖化環境対策担当の議員
さんと党派を超えて毎月でも出来れば、日本における
法制化は、確実に進むことと思いました。
詳しくは  http://www.maketherule.jp/dr5/

★------------------------------------------

今後の予定(関連団体・関連行事)
1.ソーラーマイレージ全国大会     
開催日:2009年3月7日(土)

時 間:13:30~16:45(開場13:00~)
会 場:建築家会館1F(渋谷区神宮前2-3-16 )
http://www.kenchikuka-kaikan.jp/index_map.html

銀座線外苑前駅(徒歩10分)JR線千駄ヶ谷駅
大江戸線国立競技場前駅(徒歩13分)
当日プログラム
?、環の匠住宅・マイレージデータ解析 (太陽光発電所
ネットワーク)
?、基調講演 「実践!エコハウス」-温暖化対策と太陽
光発電の役割-
 小林光 (環境省 総合環境政策局長)
?パネルディスカッション -マイレージクラブの取り組み-
?、我家の省エネ事例発表
?、マイレージtop20 表彰式
○大会終了後、懇親会
★------------------------------------------------------------------

2. Make the Rule 署名締め切り( 3月20日)

ソラエネは、温室効果ガスを確実に減らすしくみ(法制化)
を求める「Make the Rule」に多くの自然エネルギー関連
団体とともに参加しています。ぜひとも署名にご協力下さい。
署名の仕方と用紙は、以下のホームページからでもダウン
ロードできます。

http://www.greenenergy.jp/guide/infomation.html

★--------------------------------------------------------------------

編集後記:

この度機会あってイギリスの環境対策を肌で感じる機会に
めぐまれました。国民のひとりひとりの意識は日本と変わら
ないのに、社会の法制度が確立していることが、イギリスを
CO2削減のトップに押し上げている要因だと気づきました。
その背景には、NGOの大きな活躍があったことがわかりま
した。地球温暖化問題でCO2削減をめざす時、もっとも必要
なことは、[システム作り]「ルール作り」だと確信することが
できました。それを日本でも実現するために、第1線で法案
づくりに頑張っている委員会団体や人々を、今後も支援して
ゆきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------

(文責 白井)

★。・' ☆。・'★。・‘ ☆。・‘ ★。・' ☆。・' ★

日本ソーラーエネルギー教育協会 

TEL&FAX 03-5347-1508

Mail: solar_enegy@hyper.cx

http://solarcooker.blog10.fc2.com/blog-category-20

ソーラーエクスプレス16号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
ソーラーエクスプレス16号
              発行:日本ソーラーエネルギー教育協会

              発行日:2009年 1月20日
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓    
■主な記事■
1.新春ミーティング(今年の夢を語ろう会)   1月31日 PM1:30~5時
喫茶店ルノワール中野北口店
2.ソーラークッカー(エデユクッカー)普及活動(海外編)
  ・SCI(ソーラー・クッカー・インターナショナル)のニュースレターに
掲載される
  ・SCIのホームページで紹介される
  ・スペインのテラ財団のホームページで紹介される
3.オバマ大統領就任記念を祝してIEARN―USAに日本のソーラークッカー
を寄贈 
 (草の根の支援) 寄付・カンパ募集 1月30日まで     
4.EATHE SMILE(笑顔で暮らせる地球のために)展
   2月5日~2月25日    ひょうご国際交流プラザ          
               
★------------------------------------------------------------------- 
1.新春ミーティング(今年の夢を語ろう会)   1月31日
 午後1:30~5:00 (1時~6時まで借りてあります)
場所:ルノワール中野北口店会議室 (中野北口より1分)
話し合いの内容:
・昨年の報告と提案 
・今年~未来にかけての夢
・「グリーンニューディール」政策と関連した「グリーンニューディール」教育
・JEARN(グローバル教育ネットワーク)への協力について
・今年の国内のイベントを選ぶとしたら何が良いか?
・エデュクッカーの材質は、どちらが良いか(ダンボールとプラスチック)
・自分達の楽しみ・研修を兼ねたものとして何が良いか?
・情報交換・プレゼント交換
 ★100年に1度の金融危機や逆境だからこそ、今年はそれをばねに、すばらしい
知恵やアイデアを活かした夢を実現できると確信しましょう! 
 ★喫茶店ルノワール会議室は、喫茶店の中に会議専用の場所がありますので、
リラックスしながら会議もできるし、お茶も運んでもらえます。興味関心のある方の
傍聴も歓迎です。また当会への情報・企画提案などもありましたらぜひいらっ
しゃ下さい!
   http://www.ginza-renoir.co.jp/renoir/071.htm          
                     ルノワール中野北口店
★--------------------------------------------------------------------
2.ソーラークッカー(エデュクッカー)の普及活動の報告(海外編 昨年後半
から)
 ?昨年SCIのニュースレターに2ページにわたって掲載された後に
  http://solarcooker.blog10.fc2.com/

・ スペイン、テラ財団から注文
・ フィリッピン教育財団から注文(足利工大に)
・ ウガンダのNGOからの要請
・ エジプトの技術者から教育利用での申込
などがありました。テラ財団、SCIには実験用として寄贈し、輸送代のみ振込
みしていただき
ました。
?今年SCIのホームページに以下のように写真入で紹介されました。
http://solarcooking.wikia.com/wiki/Category:Solar_cooker_designs
?スペイン、テラ財団の新しいホームページにも紹介される予定です。
 現在のホームページには、当協会が体験講習などで使用・販売している「空レンジ
(「鳥居式パネルクッカー」を基にして、当会の会員・顧問の先生方5人の知恵
を集め
て作られた改良版)が紹介されています。
http://www.terra.org/html/s/sol/cocina/directorioen.php
?さらにSCIのホームページに「サニークッカー」が紹介されることになりま
した。
(昨年のネパールとニューヨークでの教育活動の紹介写真から)
★--------------------------------------------------------------------
3.オバマ大統領就任を祝して、IEARN-USAにソーラークッカーを寄贈
                     賛同団体と寄付・カンパの募集
                       1月30日        
        
この度「グリーンニューデール」政策を掲げたオバマ氏は、京都議定書を離脱した
アメリカを加入させるだけでなく、再生可能エネルギーを積極的に導入する方針を
打ち出しています。“アメリカが変われば世界が変わる!”
この政策をエネルギー教育の面でも応援するためにIEARN(インタ0ナショ
ナル・エデュカーション・アンド・リソース・
ネットワーク)-USAに日本のソーラークッカーを寄贈したいと思います。

アメリカの再生可能(自然)エネルギー教育の中は、日本型(パラボラ型)は使
用されていません。
昨年2回アメリカに行くチャンスに恵まれ、パラボラを紹介しましたら、大変興
味を持ってくれたことが
その背景にあります。「パラボラソーラークッカー」の世界の歴史は、日本から
生まれたのであり、この
ことを若い世代に知ってもらう良いチャンスにもなります。
4月には、世界のユース(若者)を集めた環境教育イベントが「アメリカ自然史
博物館」で開催されます。
その中の1つに「ソーラークッキング」があります。今まで常にアメリカ発信で
あった世界の教育の中で、
日本からの発信ができるチャンスにもなります。

ご賛同下さる方の、カンパ・寄付は、以下で受付しております。 
郵便局:郵便振替口座
     口座番号:00140-4-482140
     口座名義:ソーラーエネルギー教育協会
銀行:三菱UFJ銀行
     口座番号:1695934
     口座名義:ソーラーエネルギー教育協会
またこの件で賛同団体や個人を募集しています。メールかFAXでご連絡下さい。
賛同して下さった個人に対しては、その後どのように使用され発展していくかの
報告もさせていただきます。

★--------------------------------------------------------------------
4.Eathe Smile (笑顔で暮らせる地球のために)展    2月5日~25日
  場所:ひょうご国際プラザ 主催:ジェイアーン(グローバル教育ネット
ワーク)
 
主催者の趣旨:今世界のあちこちで起きている争いや環境破壊。私たちにもできる
ことは、たくさんあります。1人の力は小さいけれど、みんなが力を合わせると、
大きな大きな力になります。楽しくワークショップに参加して、大きな力になろう!
 当協会は、開催期間中の2月7日に出展協力をします。この日は地球環境対戦カード
ゲーム「マイアース」で子供たちが遊んだあとに、晴天時はソーラークッキング
をし、
曇り時は、ソーラークッカー(エデュクッカー)の組み立て体験をする予定となって
おります。
 
★--------------------------------------------------------------------編
集後記:
100年に一度と言われる世界的大恐慌と大変困難な時代であるからこそ、オバマ
氏という英雄的存在が出現したのでしょう!私たちが世界の歴史で学んだよう
に! 海を隔てたアメリカでのことであるが、しかし、平和・環境面においても
確実に前進することを信じながら、正義感と公正さをもって心から応援するした
いものですね。
----------------------------------------------------------------------
(文責 白井)
★。・' ☆。・'★。・‘ ☆。・‘ ★。・' ☆。・' ★

日本ソーラーエネルギー教育協会 
TEL&FAX 03-5347-1508
Mail: solar_enegy@hyper.cx
http://solarcooker.blog10.fc2.com/blog-category-20
Facebook
メニュー
サイト内検索