STOP伊方原発(愛媛県)集会 12月1日

IMG_1986縮小
伊方原発は再稼働の一番手に狙われています。伊方原発は最近の知見でも地震の驚異は一段と増しており、
事故が起これば瀬戸内海は死の海になってしまいます。
縮小IMG_1988縮小
この日は全国から8000人の人が松山市の城山公園に集まりました。ゲストに山本太郎(スピーチ)、三宅洋平(音楽&スピーチ)、広瀬隆(スピーチ)、ミサオ・レッドウルフ、(コールアクション)蒲田慧(スピーチ)、秋山豊寛氏(スピーチ)の豪華メンバーでした。

IMG_1991縮小

美しい岬の先端に巨大な人工物の伊方原発があり、その後ろには多くのの風車が立ちならびイメージアップ戦略
がされていた。
伊方原発風景

どう計算しても原発は高い~原発ゼロのミクス~e-シフトシンポジウム

地域から始める原発ゼロのミクス
  2013年年11月16日(土)武蔵野公会堂ホール14:00~16:30
●邑上守正市長から挨拶

●吉岡毅氏(城南信用金庫理事長)講演
IMG_1918縮小
経営者の視点から原発、そして原発のない社会をどう考えるか、城南信用金庫理事長の吉原毅氏が
語りました。
現在の金融界は国民の“幸せ”を考えることから離れている。
半沢直樹が有名になったけれど珍らしい。
信用組合は、みんなの幸せを考える組織として協同組合部門から生まれた。
3・11原発事故があり関東全滅になりそうだった時、菅元総理が陣頭指揮を取っていたのに
新聞は冷淡だった。未だかつて起きたことがないピンチの対処であった。
その後も原子力マフィアがずっと続いている。
現在原発は全部止まっている
原発は廃炉するのに将来無限大のお金がかかる
扮飾決済して不良債権プロジェクト
まともな経営者ならわかるはずだが、目をつぶってしまう
アメリカの企業は、原発は採算が合わないので興味がない
GEやウエスチングのトップが採算が合わないのでガスや太陽光にシフト
日本だけが自分たち一部の目先の利益のために原発を輸出しようとしている。

過去に実施したイベント&事業
●一昨年のビジネスフェア 
ビジネスマンを対象に20名以上の先生方(広瀬隆氏、坂本龍一氏等)
「東京国際フォーラム」
●プレミアムローン・・・再生可能エネルギー導入の資金の金利をゼロに
●世田谷区市民発電に対して世田谷の信用金庫とタイアップした。

三上元氏(静岡県湖西市長)
IMG_192050縮小
国の政策が原発推進に戻ろうとするなか、既に各地で市民や地域の企業、自治体などが主体となって、多数の
パラダイムシフトが始まっています。大規模集中から小規模分散の地域のエネルギーへ世界で急速に進もうとしています。
バックエンドコスト、使用済み燃料の10万年の保管料の廃炉コスト、事故賠償保険料などを考慮すれば
原発のコストは、KWhあたり100円以上にもなります。元経営コンサルタントで湖西市長の三上元氏は
それを可視化しました。
http://pikagen.hamazo.tv/

●吉岡毅氏&三上元氏のトーク 司会上原公子氏(元国立市長)ゼロのミクマ

IMG_1923縮小50







































































































































































































「汚染水漏えい どうすれば止められるか」    院内学習会

10月29日 衆議院第一議員会館  日本弁護士連合会 
IMG_188750縮小
汚染水流出の原因と流出を止めるための方策について
海渡雄一氏(日本弁護士連合会)
1 経緯と流出の原因
2 現状とふたつの流出ルート
3 タンクからの流出とその防止
4 地下水の流入
5 タンクから地下水への浸透という新局面
6 流出を早く。確実に止めるために
 (1)凍土壁が最善の策かどうか、もっと良い策はないのか叡智を結集して検討せよ
 (2)タンクと配管の更新を急げ
 (3)国の威信がかかっている
・汚染水対策を成功させ、これ以上の海洋汚染拡大を食い止めることには、国の威信がかかっている。
・これから研究開発をしているような時期ではない。
 確固とした決断を迅速にできる組織を政府内に立ち上げ、直ちに地下水流入を止める措置に
 とりかかるべきだ。
・川井さんと筒井さんの意見と提案に政府・国会は注目し、真摯に検討して欲しい。

●汚染水対策の方向
筒井哲郎・川井康郎氏(プラント技術者の会)
1.地下水対策の立案の経緯
2.凍土壁の怪しい条件
3.今後の方向
 (1)技術上の優先事項(事故収束作業における優先順位)
被曝労働が最少、最短納期、小出しの対策ではなく抜本的な対策の採用
 (2)地下水対策について
 (3)10万トン級汚染水タンク
 (4)デプリ空冷化
 (5)石棺化

福島第一原発の汚染水対策を問う  10月24日 

「福島第一原発の汚染水対策を問う」 衆議院第一会議室
               (東電、資源エネ疔、原子力規制疔が答弁)

IMG_186250%縮小
●弁護士(海渡雄一氏)
「緊急事態であるのに、これから技術開発してやるなどという悠長なことを言っている東電には真剣さが感じられない。
●国会議員(阿部とも子氏)
政府が東電とともに事故後2年経った今進めようとしている「凍土方式」というのは時間がかかり、お金がかかり、効果も未知数であることを何故今更やるのか?
●有識者
その莫大なお金を民間の私企業に政府の予備費から出すというのは憲法違反ではないのか? 
もっとはやく、確実な方法(遮水壁)があったのに、東電はお金がかかるからという理由で実施しななかった。
●プラント技術者(筒井哲郎氏)
・技術上の優先順位は(1)被爆労働が最小であること(2)最短納期であることー現在継続中の放射性物質の放出を一刻も早く止める(3)小出しの対策ではなく、抜本的な対策を採用すること
・遮水壁をタンクの上流に設ける案と実施体制
・今後の方向(10万トン級汚染水タンク、デプリ空冷化、石棺化


「原発メーカー訴訟」の会の集い

http://ermite.just-size.net/makersosho/soshonokai.html
「何故、原子力メーカー訴訟をなぜ起こすのか?」
                   原告弁護団団長 島昭宏弁護士
そもそも昨年ノーニュークス・アジア・アクションに相談された時に、
「出来るかもしれないよ」と言ったのがきっかけでずっと関わって
きました。ところが反原発に長年関わった弁護士の河合さんや海渡
さんに相談すると、「そんなことできっこないよ」と言われました。
そこで原発訴訟に関わったことのない仲間を20名集めました。
しま弁護士
弁護団 弁護士の見解
2011年に発生した福島第1原発原発の水素爆発事故は、かつて
我々が経験したことがない規模で放射能被害を拡大させ、
世界中の人々を震撼させた。
そして現在、東京電力に対して数多くの損害賠償訴訟が提起されて
いる。しかし自動車の排気ガスによる喘息被害に対して、運転手や
所有者以上にメーカーが賠償責任を問われるように原発事故被害に
ついては、電力会社だけでなく、原発メーカーも当然、責任を追求
されるべきである。ところがメーカーは、これまでほとんど非難の
対象とさえされていない。その原因は、原子力損害賠償法が電力
会社のみに責任を集中させる制度を採用しているためだ。
しかも、原発メーカーはこれをいいことに、今では海外への輸出に
よってさらなる利益拡大を図っている。
責任集中制度はまさに原子力産業保護を優先する不合理な構造を
作り出しているのである。
ここにはいかなる正義も存在しない。
我々は、このような極めて不合理な原子力産業保護構造の修正を
図るために本訴訟を提起することとした。

朴鐘碩(パクチョンソク 現日立嘱託社員)
日本の原発の半分は日立
会社で差別された。勝てるわけなかったが日立闘争で勝った。その時
クリスチャンの方々が助けてくれた。日立は福島に謝罪もせず、
リトアニアに輸出する。日立は自由にものが言えない。外部と隔離
されている。労働者にものを言わせない。
1000人以上の労働者、私も含めてエンジニア、自分の生き方が問わ
れる。企業内植民地、日立闘争―植民地経営、人間性や安全性よりも
利潤追求相手国への差別、日本の加害者、植民地主義
国際連帯が必要である。
植民地主義との闘いを共に闘いましょう!
座談会70%縮小
●満田夏花:FoEJapn
私たちの税金を使ってトルコの地層調査
原発立地地域は充分地域の産業があるから、困っていない場所にあえて、
原発を入れる必要はない。
●崔勝久:ノー・ニュークス・アジア・アクション(NNAA)事務局長
日立闘争を40年してきた。
先日福島に行ってきた。人々は沈黙と諦め
3つの仮説
1日本は戦後一切責任を取らない無責任な国家
(薬害,公害等・・・すべて)
2日本は加害者であった。
3戦後 原発体制、植民地主義
過去に日立闘争をしてきたが今、第2の日立闘争だ。
これは人類に対する全世界と一緒になって国際連帯を取りたい。
原告に国籍がない、全世界の人が原告になれる。
日本は現在140名 170カ国 5000名
本家の日本が少なすぎるので、皆さん呼びかけて何千名に
しましょう。
●河合弘之:弁護士
再稼働と輸出とは、大変関係がある。(相関関係がある)
原発輸出は巨大なマーケット(100兆円)
韓国は日本の事故をラッキーチャンスと捉えていた。
(こんな美味しい )
一基でも動いていれば輸出できる。
兵器を売る「死の商人」以上にわるい。
まして地震大国トルコに原発輸出してどうなるの?
トルコの裁判は?
原発の構造については、メーカーの方が強い。
不買運動を
世界中からの圧力でオリンピックまでに原発やめろよ!
●崔勝久:NNAA事務局長
原発体制 反原発、反植民地主義
祝島 (瀬戸内海は日本の地中海)に11名で訪れた。
現地の人々が世界から5000名集まるところに行きたいと言った。
この現象を一緒に闘おうじゃないかと。
国家ができないことを市民運動でできる。
韓国でも市民が輸出はいけないと思い始めている。
福島の人達とノミミュニケーションしたい。
●島昭宏:弁護士、原告団団長
植民地主義という言葉は使わない方が良いのではないか
GEーコネスカットのGEno日本法人を相手
NPT体制
代々木公園で南波・三宅洋平・佐藤タイジと一緒にロックフェス
を開催します。
日本のアーティストもちょっとづつ発信を始めている。
私も若者に若者たちにわかりやすく植民地主義を話したい。
原告は今100人程度ですが、これを2000人から10000万人
に増やしたい。どうぞよろしくお願いします。








 






Facebook
メニュー
サイト内検索