日本ソーラーエネルギー教育協会
Japan Solar Energy Education Association(JSEA)


将来の世代に美しい地球を残すため、太陽エネルギーの有用性を環境・教育・防災・アウトドア等の活動において、国内はもとより国際的にも活動している会である。ホームページはこちらhttp://www.geocities.jp/japansolarenergy/
ソラエネツィッター

メニュー

サイト内検索

Facebook

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船橋晴俊 氏の「追悼のしをり」 平成26年8月17日
「私たちの心にひろがる晴れた空」

幼少からロケットエンジニアを目指すほど科学技術に精通していた晴俊は、学生時代に高度経済成長の功罪にいち早く
気付き、環境社会学を志します。まだ一般の認識が薄かった時代、新幹線公害、水俣病、核燃料サイクルなど現代社会問題
の現場に社会学を持ち込んだパイオニアの一人でした。常に弱者の立場に立つ心と堅実な思考で一貫して組織的なレベルで
生じる問題を分析し、実現可能な社会正義を追求しました。教師としては飾り気のない博愛で大勢の学生から慕われました。
福島原発事故以降、いよいよこれから原子力市民委員会を率いていくという意気込みの中帰らぬ人となりました。

晴俊は学問の現場だけでなく、地元大磯町の郷土をこよなく愛し、その自然や景観を守る住民運動にも積極的でした。
また社会学的研究に留まるだけでなく、まだ再生可能エネルギーが知られていない頃から自宅に本格的なソーラー蓄熱・
発電システムを作り上げ次世代技術の実践的追求も怠りませんでした。

仕事一筋でしたが、三人の息子には単に父親としての役割を超えた愛情を注ぎ、それぞれの自立を支えました。あるときは
勉強や水泳をまたある時は留学を支援するなど、子どもの将来を大きな視野で見据えて自由と知恵を与えてくれました。

妻・恵子とは出会ってから50年、結婚してから40年にわたり、公私ともに歩んでまいりました。
夫としての晴俊は恵子の最大の理解者であり、よき相談相手であり、人生における本質的経験の共有者でした。
難しい問題には厳密なアドバイザーであり、一家でフランス留学するなど時に大胆な冒険家でもありました。
恵子の研究者としての挑戦、人生の発展を常にサポートするかけがえのないパートナーでした。

平成26年8月15日船橋晴俊は66歳をもって生涯の幕をとじました。今こうして縁のある方々にご参列いただき大勢の方
の好意と協力に恵まれた人生であったと改めて感謝いたします。私たち家族が愛した晴俊の人柄が学問社会のためだけ
でなく広く参列いただいた皆様の心に生き続けることを願って送ることばとさせていただきます。
                                                                 妻 船橋恵子
                                                                 長男  寛俊
                                                                 次男  真俊
                                                                 三男  智俊

スポンサーサイト
★原発ゼロ・自然エネルギー推進会議設立総会★  5月7日
★原発ゼロを国民運動に★

都知事選の時、”原発ゼロを国民運動として”を熱く語った細川・小泉両氏がいよいよ国民運動としての活動をスタートさせようと会を設立した。

6月の原発再稼働が予定される中で、この動きは大きなインパクトを与えるだろう。期待していた筆者もさっそく取材するために参加した。しかしメディアでないから撮影禁止と言われてブログに画像が載せられないので残念!
先ず「都知事選を振り返って」の映画を観せてもらった。
寒い冬の戦いの様子を再び思い出させてくれた。

★細川氏は原発ゼロは「文明の転換点になるだろう」と言う
★小泉氏は
オリンピック招致委員会は海外に向けっては「原発ゼロで開催します」と言っておきながら国内では再稼働しなけれ
れば経済がマイナスとか電力が足りないとか嘘をいう。 頭の優秀な人が優秀なことを考えていない!

また海外では原発はお金がかかりすぎるの撤退しているのに、日本は推進していて頭が狂っているのではないか!
とも言っていた。
 

シンポジウムパネリストは以下の各氏でした。各氏の主張を今後毎日書いてゆく予定です。

金子勝(慶応義塾大学経済学部教授)
香山リカ(精神科医)
ロバート・キャンベル(日本学者)
桜井勝延(福島県・南相馬市長
湯川れい子(音楽評論家)


「原発メーカー訴訟」がロイター通信から全世界に配信された
「原発メーカー訴訟」の第2次訴訟の映像がロイター通信から全世界に配信されました。


<原発メーカー訴訟>第2次訴訟提起

2014年1月30日の第1次提訴(原告1415名)に続き、3月10日原告2910名(海外2523名)
は、福島第1原発1号機から4号機の製造業者であるGE,東芝、日立を被告とする損害賠償請求を提起しました。

目的は、人類共通の新しい人権「原子力からの恐怖から免れて生きる権利」=「ノーニュークス権」を確率する
ことです。

弁護団団長:島 昭宏

以下はロイターの映像です
http://kazakh-tv.kz/en/view/world_news/page_45963_





「秘密保護法」廃止 国会前アクション~ 嵐はこれから
夜のスピーチで印象に残ったものは、

●ネルソン・マンデラ氏の言葉からスピーチした若者(女性)
「何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、それで自分たちにとって良い社会、良い暮らしを求めることは不可能です」
http://blogos.com/article/75339/

● 子どもたちを戦争に行かせたくないと叫んでいた母親
  まだ抱っこしている子と幼稚園生を連れてきて大声でスピーチしていました。
IMG_2014国会前アクション縮小

● 道徳の授業に愛国心的な授業が始まっていることの報告(男子高校生)  
妹の道徳に教科書のタイトルに「やばいな」と思ったことを話してくれました。

●12月6日の強行採決の際に傍聴していた若者が強行採決の時に騒いだことがきっかけで逮捕されたことの報告(若者)
その若者が現在どこに収容されているのか警察は一切秘密で教えてもらえないばかりか、若者の実家に自宅捜査が入ったという。嫌がらせである。
そのAさんをなんとしても助けようという提案があった。

これは、国会の採決の仕方が強行で不当なのに主権者である国民が声を上げたら逮捕されるというのは、なんとしてもおかしいので、弁護団を組織して彼を年内に救い出そうという話がでた。

そして私が感じた参加者の共通意識は、嵐が過ぎ去ったと喜んでいるが“嵐はこれからだよ!”そしてこの法案を廃止にまで、なんとしても声を上げ続けよう!
同時にメデイアや世論に訴えてゆこう!ということでした。


政府の「エネルギー基本計画」が出され原発が基幹電源であるということに決定した。(団体代表)
昨年、国民から出したパブコメと各地で開いた公聴会により「原発はゼロ」という方向が打ち出されたのにも
かかわらずです。


最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。