スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラーエクスプレス36号(東日本災害支援・復興支援)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ソーラーエクスプレス36号 (東日本災害支援・復興関連)   
 日本ソーラーエネルギー教育協会(通称ソラエネ)
 Japan Solar Energy Education 
Association(JSEA)2011年 9月10)   
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

プロジェクトの紹介
1. つながり・ぬくもりプロジェクト
(自然エネルギーによる被災地支援)
2. 愛する飯館を還せプロジェクト
(全村民の健康手帳の作成と未来の子どもの達を守る活動)
イベントの紹介
3. 脱原発アクションウイーク   9月11日~19日
4. 自然エネルギー財団設立イベント&国際会議 9月12日・13日
5. 日本再生可能エネルギー協会設立イベント    9月14日
6. グローバルフェスタ            10月1・2日
--------------------------------------------------------------------
プロジェクト
★ 1.「つながり・ぬくもりプロジェクト」★
    太陽光発電、太陽熱温水器、バイオマスによる被災地支援

8月の上旬にNHK World「Green Style Japan」で世界中に紹介されました。
以下はその映像です。
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/en/movie/play.cgi?movie=e_gsj_20110804_0223

東日本大震災により多くの方々が過酷な避難生活を余儀なくされており、電気や
ガスのライフラインが不十分なままの避難所に対して「太陽光発電システム」
「太陽熱温水器」「薪かまど・ボイラー」を避難所などに設置して、被災された
方に電気、お湯、お風呂を届けています。寄付により、1か所でも多くの設置が
実現するよう、協力を呼びかけています。当会も、このプロジェクトを応援して
います。
詳しくは http://tsunagari-nukumori.jp/
----------------------------------------------------------------------
★ 2. 愛する飯館を還せプロジェクト「負けねど飯館」★

飯舘村では福島第一原発の事故に起因する放射能という「見えない津波」によっ
て、今なお多くの命・生活・未来が脅かされています。この現実に対して、飯館村
の青年達が、声をあげ、尊い命を守り、美しかった頃の飯舘村を取り戻すために
行動しています。現在、放射能被害から村人全員の健康手帳の作成活動や子ども
を守る活動をしています。
8月には飯館村の中学生18名がドイツフライブルグに未来の飯舘村を考えるた
めに勉強に行きました。当会も子ども達の活動を応援する予定となっています。
詳しくはhttp://space.geocities.jp/iitate0311/
---------------------------------------------------------------------
イベント
★ 9・11~19日脱原発アクションウェーク★
 
・ 9・11 再稼働反対・脱原発!全国アクション 
http://2011shinsai.info/node/540
・ 9・11 エネルギーシフトパレード/代々木公園→明治公園 
http://www.enepare.org/
・ 9・11 BE-IN集会/明治公園 http://www.be-in-tokyo.net/
・ 9・11 新宿・原発やめろデモ!!!!! /新宿 http://911shinjuku.tumblr.com/

・ 9・18 eシフト脱原発シンポ~こうして作る!原発のない社会/日本青年館 
http://e-shift.org
・ 9・19 原発にさようなら集会―集まれ!5万人/明治公園 
http://sayonara-nukes.org
――――――――――――――――――――――――――――――
★ 自然エネルギー財団設立イベント&国際会議★

9月12・13日 東京国際フォーラムホール
ソフトバンクオーナーの孫正義氏が設立する財団には、理事長にスエーデンの
トーマス・コバリエル氏(現エネルギー長官)の就任が既にきまりました。
そして最初のイベントと国際会議が行われます。コバリエル氏は脱原発論者とし
て知られ、エネルギー庁のホームページで「日本は大きな課題に直面しているが、
それを乗り越える強い力を持っている。だからこの任務を引き受けようと思った」
とコメントしている。近くエネルギー庁長官を辞任したうえで、理事長に就任する
予定。既に一般参加の申し込みは締めきられていますがユーストリームでその
様子を見ることができます。
http://www.ustream.tv/channel/jref-jp

---------------------------------------------------------------------
★ 日本再生エネルギー協会設立イベント★ 9月14日(水)
  14:00-16:30 (13:30開場)日本科学未来館7F みらいCANホール
 
テーマ「日本の再生可能エネルギーを飛躍的に成長させるには」
詳細: http://www.jrep.or.jp/sympo.html

これはまだ締め切っていませんから一般参加ができます。
対象:市民、企業、自治体、研究者、NGOなど
参加費: 無料(事前申込みが必要) 

------------------------------------------------------------------
★ グローバルフェスタ2011  10月1日(土)2日(日)日比谷公園★

日本は世界のために~世界は日本のために
国際協力活動を行っている政府機関、NGO、企業などが一堂に会する国内
最大の国際協力イベント。
今年度は、特に「東日本大震災で、日本が開発途上国を含む多くの国々から
得た支援を振り返り、震災復興支援の継続を再確認するとともに、世界が
今なお抱えている貧困問題などの諸課題の解決に対し、互いに協力して
取り組み、絆(連帯)を深めるチャンスにする。」という趣旨のもとに
開催されます。
詳細は http://www.janic.org/event/japan2011.php
-----------------------------------------------------------------
編集後記
3・11以後、情報が目まぐるしくその都度流しておりました。6ヶ月
経ったので通常に1ヶ月に1回をまとめてお送りしたいと思います。
なお本メールの配信をご希望されない場合は、その旨をお知らせ下されば
メールの配信を停止いたします。

(文責 白井)
★。・' ☆。・'★。・' ☆。・' ★。・' ☆。・' ★
日本ソーラーエネルギー教育協会 
事務所:東京都杉並区荻窪2-42-30
TEL&FAX 03-5347-1508
Mail: solar_enegy@hyper.cx
http://www.geocities.jp/japansolarenergy/index.html
http://solarcooker.blog10.fc2.com/



























































スポンサーサイト

ソーラーエクスプレス27号(2月号)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ソーラーエクスプレス27号(2月号)
 日本ソーラーエネルギー教育協会(通称ソラエネ)
 Japan Solar Energy Education 
Association(JSEA)2010年 2月10日配信
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■先月の報告■
(生活・余暇)
1.「ソーラーカフェ」と「まちかどクッキング」
■今月のお知らせ■
(教育・科学)
2.スリランカ支援準備隊の出発と「水と太陽支援基金」 2月13日出発
3.「防災世界子ども会議2010inトルコ](8月)開催準備前のテレビ会議始る
                            2月19日
4.防災教育用「ソーラークッカー」の開発と名前の募集
                      募集締め切り3月10日   
                        
5.「50年前に日本が発明したパラボラ型ソーラークッカーの復元見学
を中心としたエコツアー    3月~5月の日曜日             
(生活・社会・政治)
6.東京都の「太陽エネルギー利用拡大連携プロジェクト」連携団体となる 
2月5日
7.「新エネルギー・フォーラムin 東京 ~太陽熱利用の新たな展開~」
2月24日(水)AM9:30~16:45 工学院大学 
(関連行事)
8. 地球環境とエネルギー展(ENEX)        2月10日~12日
                           東京ビックサイト

■先月の報告■
★1.「ソーラーカフェ」と「街角クッキング」

ソーラーカフェの第4回目は、発展的にスーパーの前の狭い空き地で、どきどき
しながらの実践でした。快晴で抜群のお天気に、前日に中野の団体や練馬の団体
の参加申し込みがあり、狭い空き地はキュウキュウでした。出来た料理は、
カレーとご飯でカレーライス、焼き芋もたくさん出来ました。買い物客の質問に
対しては「今災害が各地で・・・そこでサバイバルのクッキングを・・・」と話
すと皆、納得!という顔をしていました。

今回初の試みは、通称エコロジー発明王が、手のひらサイズの真空管式「ソーラー
クッカー」を写真の3脚の上に乗せ、焼き芋をじゃんじゃん作ったことでした。
その後クッキングを楽しみながら情報交換しました。
“とても楽しかった”いう声が多かったので、今後もソーラーコミュニケーション
として継続して行きたいと思います。
----------------------------------------------------------------------
■今月のお知らせ■
(教育・科学)
★ 2.スリランカ支援準備隊の出発と「水と太陽支援基金」 2月13日出発

  先月号でお知らせしましたように、スリランカの現地で長年活動している
ワンワールド・ピープル(OWOP)の代表とお会いしました。そこで2つの方向の話
が進んでいます。
1つは、試験的に小学校での教育の中での「ミルクプロジェクト」(貧しくて栄
養失調になっている子供たちにミルクを提供する)において、殺菌に「ソーラー
クッカー」を試してみたいということ。
それには大学生が小学生を教えるとのことなので、理科・環境教育に適した
「エデュクッカー」から始めてみることになりました。

 もう1つは、災害復興支援の「水と太陽支援基金」(1000円寄付により名
前を現地に刻む)として「パラボラソーラークッカー」を送る話も進んでいます。
チラシは主催団体が作ってくれましたので、当会は有志が参加することにしま
しょう。素敵なチラシを以下のように作っていただきました。
チラシ: http://solarcooker.blog10.fc2.com/
参加ご希望の方は、名前と連絡先(電話・FAXかメール)を書いてFAXかメール
で申し込み下さい。
FAX:03-5347-1508

----------------------------------------------------------------------

★ 3.「防災世界子ども会議2010inトルコ」準備テレビ会議の開始 2月19日

 日本の阪神・淡路の大災害から15年、神戸から世界に発信してきた「防災世
界子ども会議」は、今やユネスコの認定を受ける国際イベントとなりました。
会議のテーマは「気候変動と減災」です。
そこで当会の開発中の「災害用ソーラークッカー」を提案しましたら、賛同して
下さり、会議前の毎月のテレビ会議に参加するようにとのお誘いがありました。
「防災世界子ども会議」のホームページ: http://ndys.jearn.jp/ja/index.html
「防災世界子ども会議2010inトルコ」のホームページ
 http://www.ndysturkiye.com/default2.asp
-------------------------------------------------------------------------

★ 4.防災教育・災害復興支援用ソーラークッカーの開発と名前の募集
                   募集締め切り3月10日  

 昨年来から防災教育用・災害復興支援用の「ソーラークッカー」の必要性に迫
られておりました。
そこで、コピーではありますが、日本の材料を使ってシンプルに安く作り、ユース
たちの絵を入れれば、国際交流にもなれると考えています。
名前は、多くの応募の中から決め、入選者には、賞状・賞品を差し上げます。
応募は、当会までメール・FAXで3月10日までにお送り下さい。
mail: solar_energy@hyper.cx  FAX:03-5347-1508
--------------------------------------------------------------------------
★ 5.日本が50年前に発明した「パラボラ型ソーラークッカー」の復元見学
を中心としたエコツアー             3月~5月の日曜日   
          
             
 50年前に五藤工学の創始者である五藤斉三氏が、パラボラクッカークッカー
を発明したことは、日本人にもあまりら知られていない科学の隠された歴史でした。
足利工大の中条先生は、その復元を卒業製作で学生を指導され完成されました。
その見学を兼ねてのエコツアーをしますので、理科、環境教育関係者、感心のあ
る方に、ぜひこの機会を利用していただきたいと思います。
参加希望者はご連絡下さい。日程を調整いたします。
mail: :solar_energy@hyper.cx FAX:03-5347-1508
----------------------------------------------------------------------------
(社会・政治)
★6.東京都の「太陽エネルギー拡大戦略」の協賛団体として登録される。
                              2月5日
 東京都は、国に先駆け、2020年を目標に「再生可能エネルギー戦略」
を2006年に制定しました。そしてさらに最近は「太陽エネルギー拡大戦略」
として「グリーン電力証書」「グリーン熱証書」など世界でも初の試みを開始
しました。そして企業・団体へも協働の呼びかけがありましたので、当会も
「広報」で貢献することになりました。
「太陽エネルギー拡大戦略」のホームページ
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/kikaku/solar/cooperation.html
------------------------------------------------------------------
★7.「新エネルギー・フォーラムin 東京 ~太陽熱利用の新たな展開~」
2月24日(水)AM9:30~16:45まで
工学院大学(アーバンテックホール)(西新宿1丁目24番2号)

目的:太陽熱利用による地球温暖化防止及び太陽熱利用機器の普及
主催者: 東京都、関東経済産業局、新エネルギー・産業技術総合開発機構
詳しい内容:以下のホームページ
申し込み方法:ホームページに申し込み用紙があり、必要事項を記入しFAX申し込む

http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/kikaku/renewables/pdf/forum070123.pd
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/kikaku/renewables/forum20070123.htm
--------------------------------------------------------------------
「関連イベント」
★8、地球環境とエネルギーの調和展(ENEX)  2月10日(水)~12日(金)
「低炭素社会にむけて ~ゆるぎない技術と未来を~」東京ビックサイト
10:00~17:00

省エネルギーと新エネルギーを機軸に、エネルギーと環境の調和に対して産業レ
ベル、生活レベルでの具体的な対策を中心に展示があります。
詳しくは http://www.enex.info/
----------------------------------------------------------------------
★編集後記:当会の活動が、国内では足元の東京都、海外ではスリランカからア
ジアを、トルコでの国際会議からは、アフリカの国々を考えるチャンスをそれぞれ
いただき、筆者としては、ワンワールドという感覚が次第に体に染み付いてきた
ように思います。しかし同時に先進国である日本とあまりにも違う開発途上国は、
気候変動対策とその「適応」にしても、別のアプローチの必要性があることを実感
する今日この頃です。
(文責 白井)
-----------------------------------------------------------------------
★。・' ☆。・'★。・' ☆。・' ★。・' ☆。・' ★
日本ソーラーエネルギー教育協会 
事務所:東京都杉並区荻窪2-42-30
TEL&FAX 03-5347-1508
Mail: solar_enegy@hyper.cx
http://solarcooker.blog10.fc2.c
Facebook
メニュー
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。