「エデュクッカー003」の最初の海外実験 フィリッピンにて

活動履歴 2008  3月13日~21日
   
FH300020.jpg

FH300023.jpg

当協会会員の熊川氏が「002i」と同様にフィリッピンの病院専属の医療ミッション隊にて、患者さんたちの治療の合間に実験しました。ほったらかしで良いこのクッカーの特長を大いに活かした活動でした。今回は子ども達の参加が以前より増えただけでなく、風でふき飛ばないような工夫も以前とは違た方法を取ったり、製作の段階から現地の方々に指導しました。
詳しい話は青空クッキングパーティでも伺えます。

2008年ミーティング

2008年春のミーティング
2008年度の活動方針の話し合い 

2007年は
(1)長期目標としてソーラークッカーの普及活動
               <「002」普及キャンペーンを中心に>
(2)短期目標として地球温暖化の緊急対策<映画「不都合な真実」
の上映、それと連動したチェンジ・ア・ライト(省エネ電球交換)キャン
ペーンでした。
そして両方とも成果が現れてきました。今年はそれら成果と反省の
上で、会員の皆様と情報を共有しながら、方向を決める。
役員の改選
(名誉)会長に鳥居ヤス子氏、事務局長(代表)白井、会計塩澤氏、
監査、熊川氏・大岡氏が再選されました。 1年の方針を決める提案
と話し合いがあり、今年も引き続き、「エデュクッカー003」を普及推
進することが提案され、承認されました。
また活動が海外に発展したため、名称の前に「日本」を付けることに
なり、「日本ソーラーエネルギー教育協会」という名称となりました。
また「エデュクッカー003」を何分で組み立てられるか競争をしました。
その後にたくさんの要望が中條先生に寄せられました。

エデュクッカーを使った国際環境教育

FH300020.jpg
FH300023.jpg
当協会会員の熊川氏が「002i」と同様にフィリッピンの病院専属の医療ミッション隊にて、患者さんたちの治療の合間に実験しました。ほったらかしで良いこのクッカーの特長を大いに活かした活動でした。今回は子ども達の参加が以前より増えただけでなく、風でふき飛ばないような工夫も以前とは違た方法を取ったり、製作の段階から現地の方々に指導しました。
詳しい話は青空クッキングパーティでも伺えます。
Facebook
メニュー
サイト内検索