ミレニアムシティ(エコビレッジ)で「地球と未来のつくる祭り」とシンポジウム

ミレニアムシティ(エコビレッジ)での祭りとシンポジウム     
11月22日千葉県香取郡くりもと町
9月に体験講習したエコビレッジで「地球と未来をつくる」お祭りがありました。その一環として「未来ビレッジサミット創作シンポジウム」がありました。6人のパネラーの中で特にエネルギー教育問題のパネラーとしての要請があり、「ソーラークッカー」における導入と世界の子供達の安全な水の確保や国際環境教育への導入を画像中心に話をさせていただきました。
また当日は大変良い天候でしたので、「焼いも」と「ソーラーティー」を皆さんに試食していただきました。
またこのビレッジの周りでは有機野菜を作っているので、「バー」も出展して「ソーラー有機ティー」などとして食とエネルギーの地産地消の1つの入り口を見せるチャンスにもなりました。
また次の日は、新しく建設される海が見える旭町に建設されるエコビレッジの地鎮祭がありました。
ここは最初から食とエネルギーの自給を目指して、多くの自然エネルギーが使われます。
特長はパッシブソーラーとアクティブソーラーの2つの融合です。このビレッジには、すでに当協会の名前でソーラークッカーを2台(古いEGソーラーときらぴか)寄贈しました。新しく来年建設される「旭ミレニアムシティ」には、彼らはミニ博物館兼ソーラーキッチン構想を描いているようです。
おしゃれなこのエコビレッジには、すでにフランスとイタリアのテレビ局が取材にきています。
ミレニアムシティで「地球と未来をつくる祭り」とシンポジウム














サバイバルソーラークッキングパーテイー

サバイバルクッキングパーティー           11月15日
代々木公園
この日の代々木公園は、すでに紅葉しており、ステキでした。第2回になるクッキングパーテイーは、防災を考えて、カセットコンロを用意し、ハイブリッドになることをも想定しました。しかし、公園ではカセットコンロが禁止でしたので、ソーラーだけで、食べられるものとして、黒豆、高野豆腐の煮つけ、五目玄米リゾット、お茶など災害時の最低限度できるものに挑戦しました。
 いろいろなお客さんが珍しそうに、見に来ました。
代々木公園ではいろんな人たちが、それぞれいろんなことに挑戦したり、研修したり、遊んだりしていましたので、一緒に楽しみました。今後も定期的に、
このようなパーティーを持ちたいと考えております。皆さんぜひ参加して一緒に楽しみましょう!(来年も2・3回実施する予定です)
サバイバルソーラークッキングパーティー

ライフスタイルフォーラム2008

11月1・2日 新宿御苑にて

今回の当協会の出展タイトルは、「ソーラーパワーでみんなの地球
とあなたのお財布を救おう!」でした。
初日は、メインゲストであるエベレスト登山で有名な三浦雄一郎さん
が、当会のブースに来て会員でエベレスト環境調査隊の下嶋さんと
対面し握手を交わしました。
当協会では下嶋さんが作った「環境破壊がつづくエベレストにおける
ソーラーパワーの活躍」と題した大きなパネルを張りました。
またその縮小版を三浦さんに差し上げました。
三浦さんは来た時と帰る時と2回当協会に立ち寄ってくださいました。

 その後4時近くになった時、超有名な女性の国会議員が目の前に
来たので、「田中さん」と声をかけたら、私たちのブースに立ち寄って
くれました。「ソーラークッカーってご存知ですか?」と聞きましたら、
「知らない」というので、サニークッカーを見せながらパラボラタイプを
説明し、次に開発途上国向けに「エデュクッカー」を説明したら、しゃ
がみこんで熱心に聴いてくれました。聞き終わった後に「それはさぞ
喜ばれたことでしょう。頑張ってください」という言葉をいただきました。
この日一番熱心に長くこちらの話を聞いてくれたお客さんのひとりで
した。
三浦さん訪問
↑当会のブースを訪問する三浦雄一郎氏

三浦さん講演


Facebook
メニュー
サイト内検索