スリランカ支援準備隊の出発と「水と太陽支援基金」

先月号でお知らせしましたように、スリランカの現地で長年活動しているワンワールド・ピープル(OWOP)の代表とお会いしました。そこで2つの方向の話が進んでいます。
1つは、試験的に小学校での教育の中での「ミルクプロジェクト」(貧しくて栄養失調になっている子供たちにミルクを提供する)において、殺菌に「ソーラークッカー」を試してみたいということ。それには大学生が小学生を教えるとのことなので、理科・環境教育に適した「エデュクッカー」から始めてみることになりました。

 もう1つは、災害復興支援の「水と太陽支援基金」(1000円寄付により名前を現地に刻む)として「パラボラソーラークッカー」を送る話も進んでいます。チラシは主催団体が作ってくれましたので、当会は有志が参加することにしました。参加ご希望の方は、メールかFAXで申し込みください
太陽_20100211111618
Facebook
メニュー
サイト内検索