SCI大会の開会式

 一日目の最初は開会のムードを高めるための趣向が凝らされていました。大会の基本方針(3つ)が示された後、最初のコンファレンス(1992年、Stockton)からの追憶(3min)として過去の思い出となる映像が映し出され、それらを参加者同士が思い出を振り返りながら手を挙げて、徐々に気持ちを高めつつ、今回の大会をゴールに全員が手を上げ一体感を強めてゆきました。最後にワー!と盛り上がっていくという各種の世界大会では、良くある趣向が使われていました。
式20140717_085041SCI大会の開会

SCI大会の論文発表の様子

論文発表内容は以下のように分野ごとに発表者がプレゼンし、
主催者が参加者からの評価&感想のアンケートを実施していました。

① サクセス(成功事例)・・・アフガニスタン
② サステナブル・プロジェクト・デザイン(持続可能なデザイン)
               ・・・ネパール、ニカラグア、インド、コスタリカ
③ ファンディング・ソーラークッキング・セクター(ソーラークッキング部門の基金)
               ・・・アメリカ、ボリビヤ、カナダ
④ インカム・ジェネレイーション(収入向上)
               ・・・インド、アメリカ、アメリカ、インド
⑤ スペシャル・トピックス
               ・・・ドイツ、アメリカ、イギリス、 
⑥  アドボカシー     ・・・アフリカ、アメリカ、アメリカ、中国
⑦ グローバル・プロモーション  
             アメリカ、アメリカ、アメリカ、中国
20140717_113556SCIスタッフのプレゼン
20140717_160313SCInoゴール国連担当からのプレゼン

当会のポスターセッション発表

■4.当会のポスターセッション発表の内容
 当会が10年間活動した内容の中で一番優先順位の高かったものを発表しました。「ソーラークッカーを普及するための人材育成」は、日本のおける教師用セミナー(3回50名)、インドネシアにおける教師用セミナー(1回30名)ケニアにおける住民対象セミナー(1回22名)日本における一般市民対象セミナー(6回85名)とその効果をまとめました。
朝8:00~9:30という早い時間帯に誰が聞きに来てくれるのだろうかと心配でしたが、熱心に聞きに来てくれる方とコミュニケーションが出来ました。(これは会員である娘が説明)
10年間の活動を1枚のポスターに効果的にまとめるためには大変苦労をしました。さらに詳細を知りたい方のためにインドネシアプロジェクト、ケニアプロジェクトとエベレスト環境調査隊(東京農大環境調査隊の下嶋氏がまとめたもの)を英訳しておきました。来てくれた方にはアンケートも書いてもらいました。
これは今後の活動に参考になりました。

20140718_075748ポスター

分科会の内容

① Global Solar cooking Promotion: Moving ward
(世界的なソーラークッキングの普及促進:将来に向かって)
② Making Solar Cookers Affordable: Finance Model for Users, and Income
Generation(余裕のあるソーラークッカーを作ること:ユーザーにとっての資金モデルと収入を生み出す)
③ Sustainable Project Model: Best Practice
(持続可能なプロジェクトモデル:最高のモデル)
④ Standard for Solar Cookers(ソーラークッカーの基準)
⑤ Solar Cooker Certification Process(ソーラークッカーの証明のプロセス)
⑥ SCInet: Our Direction for Global Collaboration
(世界的な協力のための演出)
⑦ Rotary: Best Practices for Solar Cooking Projects
(ソーラークッキングのための最善の実践)
⑧ Women’s Empowerment and Gender Equality
(女性の力の強化と性による平等)
⑨ Collective advocacy statement
(集団的にやる意義の声明や対策)

ソーラークッキング大会inサクラメント公園

■ ソーラークッキング大会

当日の19日は絶好のソーラークッキング日和でした。デモの参加者は、それぞれ自分の持ってきた自慢のソーラークッカーを持って集まりました。大きくてかっこいいもの、小さくて可愛いいのもの、値段が安くても性能が良いもの、手作りのもの等々様々なものがありました。
私たちは、パラボラ型(サニー)とパネル型(エデュクッカー)を並べ野菜カレー&ライスを作りました。私たちのクッカーは、便利さとファショナブルで注目をあつめました。またパラボラでカレーを作っていたので、いい匂いにつられて集まって来る人たちもいました。そこにアメリカ人の団体の女性が何度もビデオを取りに来た後に「このクッカーをお金持ってくるからぜひ売ってくれ」と言われました。数年も使っているから新しいものをお勧めしましたが、これで良いからというので、250ドルで売りました。(おかげで帰りは軽くなりました)

20140719_130400.jpg

アンケート「ソーラークッカーを広めるために重要なことは何ですか」

■5.アンケート「ソーラークッカーを広めるために重要なことは何ですか」
   ~あなたの体験から~の集計結果
 アンケートは以下のように 5つの項目で優先順位(1赤2緑3黄色)のシールを貼ってもらいました。 22人の集計結果は
 Funding ( Mechanism )  赤 2 緑3 黄色3      (15)
 Advocacy           赤 1 緑3 黄色5      (14)
 Technical Transfer      赤2  緑3 黄色4      (16)
 Education(Raising Awareness)赤13 緑4 黄色1     (48)
 Media Strategy        赤0  緑5 黄色6     (16)
 
 赤:3点 緑:2点 黄色:1点とすると( )の数字となりました。 

20140719_102740アンケート

--------------------------------------------------------------------- 
Facebook
メニュー
サイト内検索