映画「日本と再生」の開催報告

映画「日本と再生」杉並上映会は、多くの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。
河合監督&監修の飯田氏の舞台挨拶はIMG_2722mini.jpg
夫婦漫才的な掛け合いで、ユーモアと笑いがあふれ、
当初の10分の予定の舞台挨拶したが、30分近く延長。お客様の反応も本当に笑顔あふれる会となりました!パンフレットの売れ行きも良く、サイン会も超盛り上がりました。
以下はその感想文から

●映画を見て、原発はこの世に全く必要なく、無くても社会・経済が問題無く回っていて、むしろ利点の方が多い事が良く分かりました。原発は利権に固執する一部の人の為だけの物、負の遺産、強欲の象徴でしかないですね。早く世界から原発が無くなって自然エネルギーに置き換わる事を望みます。
映画を見て勉強になりましたし、希望が見えたような気がしました。私もやれる事から少しでもやろうと思います。ありがとうございました。         

●映画は監督のユニークさがあり飯田さんもカッコよくて監督が言うとおり3回くらい見たいと思いました。飯田さんが言うとおり未来は明るいですね。とりあえず今はできることを少しずつやろうと思います。     

●諸外国の再生可能エネルギー利用が非常に進んでいることに驚きました。
諸外国のいろいろな機関に対する調査・ヒアリングをしっかりした上での映画制作にも感動しました。                  

●自然エネルギーの明るい現状、日本の遅れ、河合さんならではの説明ではっき認識できた。わかりやすかった。
 河合さん、飯田さんのトークも素晴らしかった。お二人の存在に感激です。自分もできることからやらなければと思わせるお二人です。   
mini.jpg

●日本各地で湧き上がっている再生可能エネルギーの電力会社や民間人グループ頑張りに気持ちが明るくなりました。元気をいただきました。「日本と原発」をもう一度見ようと思います。

●自然エネルギー100%で日本が成り立つことが理解できた。
今日の映画は日頃理解していなかった事が明らかになりとても興味深くわかりやすかったです。もっと多くの人たちが見てくれるといいなあと思いました。                                
                               
● 世界は福島原発事故を教訓に自然エネルギーへ転換していること、事故当事者の日本はまだ原発に依存しようとしていることが良くわかる映画でした。日本各地で自然エネルギーを作り出している事に勇気を貰いました。           
                            
●世界では自然エネルギーの活用をしていたり、福島の事故から自然エネルギーに切り替えていたり、日本は何と遅れている
 ことか 素晴らしい映画でした。自然エネルギーに切り替えることにより各種の経済効果があるのは素晴らしいとおもいました。
 それには政治、政策が変わらなくてはならないと思います。ちょっと歯がゆい気がします。              

●自然エネルギーと省エネによって原発を止める道が見えてきたこと。自然エネルギ―を中心にして将来の社会構造が変えられるという夢を大切にしたいと思う。暗い世相の中、一筋の光明を未来に続く道として見出すことができたように思いました

●自然エネルギーは不安定ではなく、高位安定で原発よりも安全で安価で、災害時にも役立つということ。

●各国が福島の事故から学び対策していたこと。集中型より分散型の方が自然災害の時に復旧が早いこと。
      
●河合先生に共感しています。私も小学校で子どもたちにエネルギー政策について語っていきたいと思います。
 
IMG_2742mini.jpg

●隣の国 中国が自然エネルギーに転換しているのに日本残念すぎです。
 第3のねらい(素朴―近代的)が一体となって進めていくという河合さんの話 興味深かったです。未来をみたから明るい監督さんと飯田さんの活動がすばらしいと思いました。

●世界のエネルギー政策がわかりやすくて興味深かった。
私は原発事故の時、ドイツのSTUTTGURT(エネルギー革命発祥の地)に住んでいました。ドイツのエネルギー革命が市民の選挙によっておこりました。その政治に対する意識がエネルギー政策を変えることができる。選挙の面白さを学びました。政治に対する意識を変える。日本も熱い選挙をやってみたいですね。

●安全・安心論よりも経済的な面が強調されていたこと。
脱原発運動はこれを観ずしてできないとのことでしたが、まさしくそうであると思います。                         
        
●アメリカ国防省へのインタビュー
  河合さんと飯田さんが楽しそう
  自然エネルギーにシフトする事で化石燃料からも距離を置き世界平和にも繋がるというところ

●広島、長崎、福島で経験した日本こそが世界のリーダーになって欲しかった。自分のできることから実行してゆきたいと思いました。
(以上はその一部の掲載))
Facebook
メニュー
サイト内検索