日本ソーラーエネルギー教育協会
Japan Solar Energy Education Association(JSEA)


将来の世代に美しい地球を残すため、太陽エネルギーの有用性を環境・教育・防災・アウトドア等の活動において、国内はもとより国際的にも活動している会である。ホームページはこちらhttp://www.geocities.jp/japansolarenergy/
ソラエネツィッター

メニュー

サイト内検索

Facebook

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラープロジェクトinスリランカ
5月8日~14日までスリランカの各地をめぐりソーラークッカーの紹介と
デモンストレーションをやりました。
●最初は、コロンボの近くのモラトワのスリランカ最大のNGOである
サルボディアを訪問しました。
スマトラ沖地震で家や仕事を失った漁師たち自らが手を合わせて作り
上げたエコビレッジで「ソーラークッカー」を紹介し、デモをしました。
大変喜ばれて、「今後サルボダヤの活動として各地の環境学習やエコ
ビレッジで活用したいとの申し出がありました。
ここには集まった寄付金で、ソーラークッカーを寄贈してきました。
そして“地球のため、未来のため、太陽エネルギーを!”
というメッセージとともに寄付をして下さった方々の名前を入れました。

●キャンディという村では、「ソーラークッカー」でセイロンティーと
ホットケーキを試食してもらいコミュニケーションをしました
●ポロナウアという所の学校2校で「ソーラークッカー」のデモンスト
レーションをやりました。児童が大勢が集まり興味を持ってくれました。
またそこの学校で国のソーシャルサービス省の副大臣が見物にきました。


●その後、副大臣に国会のゲストルームに招待され副大臣が「ソーラー
クッカー」を注文したいと言いました。「日本にいらっしゃいませんか?」
との質問に「日本に10月に訪問したい」との回答でした。
まさにセレンディティピーと言う言葉がぴったりでした。
(この言葉の語源もスリランカなのだそうです。)

CIMG2904 mail用

IMGP2385 mail


●また日本からの寄付金で井戸が作られたので、その開所式にも参加したり、日本人が10年前に一番貧しい村に
作った幼稚園も訪れました。



 
IMGP2350 mail用

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://solarcooker.blog10.fc2.com/tb.php/106-910611e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。