被災地の子どものためのキャンプ

子どもキャンプ
被災地の子ども達は4ヶ月もの間、大人が忙しくしていて、忘れられていたので、子ども達を思いっきり楽しませたいとの目的で、夏休みになってから3回実施し、今回はその3回目でした。小学生だけを対象に、3日間、本格的な野外生活の体験をさせていました。野外活動の専門家を中心に、大学生のボランテイア4人、幼稚園の先生も加わっていました。子ども達は、虫を捕まえたり、竹細工を作ったり、綱渡りをしたり、食事を作ったり・・・
と普段はできなかったことを体験して、子どもの本来の姿を取り戻していました。

被災地の子ども達のキャンプ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Facebook
メニュー
サイト内検索