エチオピアで使用実験したET003ソーラークッカーの紹介

事務所3縮小地図
ソーラークッカーET003(アフリカ向け)縮小
足利工大の中条先生がエチオピアの難民キャンプにて使用調査した
(第1回、第2回のべ2週間)ソーラークッカーET003は現地の方々の8割
近い満足度が得られた。
理由は、集光型ソーラークッカーで民家が火事になったことにより強い
不信感があったが発火する恐れがなく、ロバスト性が高く、軽くて、使い
やすいパネル型はエチオピア政府難民帰還民庁(ARRA)にも大いに
アピールできたとのことでした。
(エチオピアにおけるパネル型ソーラークッカー導入の可能性
中条祐一)より

当会の事務所には海外の方々がいらっしゃるので、ご紹介しています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Facebook
メニュー
サイト内検索