エデュクッカーの紹介

設計・開発者:足利工業大学 中條祐一教授
educooker.jpg


● クッキングの準備
futatunocooker_convert_20080428152646.jpg

 ?快晴時の午前中~午後1時位までに実験してみよう!!

 ?季節に合わせてセットし、太陽のあたる場所で放置するが、その間一度は、太陽があたっているかどうか、風などの状況はどうかなど、確認をした方が、成功率が高い。(風のあるときは、周りに石をおいて飛ばないようにする。) 
 ?鍋は黒い鍋が適している。エデュクッカー「002」は直径16cm「003」は、直径18cmが適している。

・保温用のカバーで包み、先端を止め、太陽にあてる。約90分でやわらかくなるが長くなっても良い。


●ご飯が炊けます。(快晴時)
hakumaigazou3_convert_20080428152752.jpg


?白米 
・普通にお米をあらい、水加減は、普通より少なめにして、蓋をする。
・保温用のカバーをして閉め、太陽の光にあて90分で出来上がる。
  ※クッカーが2台あると、カレーとご飯を別々に作ると、カレーライスが同時にできる。
genmaigazou_convert_20080428152707.jpg

?玄米
 ・玄米8割もち米2割を入れて白米の時より多く水を入れ、同様に保温用
  カバーをして閉め、太陽の光にあて、90分で出来上がる。
煮物料理が得意です。(天候によって、時間は若干、異なります。)
1. カレー
・じゃがいも、たまねぎ、にんじんを小さめに切りにきり、鍋に油と野菜類と肉、水(少々多めに)カレー粉など全てを入れて蓋をする
・保温用のカバーで包み、先端を止め、太陽の光にあて、約90分放置する。
・やわらかくなったら良くかき混ぜる。

kabochagazou_convert_20080428152818.jpg

2. かぼちゃの煮物
 ・かぼちゃを小さめに切り、調味して水は、ほんの少し入れ、蓋をする。
kiriboshidaikon_convert_20080428152845.jpg

3. 切り干し大根の煮物
 ・切干を水で戻し、にんじん、しいたけ、油揚げなどを入れ、醤油と砂糖で調味してから蓋をする。
sabanigazou_convert_20080428152903.jpg

4. さばの味噌煮
 ・さば



genmaiseto_convert_20080428152728.jpg

5. 玄米定食(一度に5個使うと)





 ●お茶とおやつ
?ソーラーティー


?ソーラーゼリー



●お湯を沸かし、ポットに入れておけば、いろいろなものに使えます。

○災害用の食べ物(ご飯、ラーメン、パン)を暖める。


●さらに、皆様がやってみた結果をお知らせ下さい。成功談だけでなく失敗談でも結構です。開発まもないが未知の可能性 をたくさん秘めている「エデュクッカー」を皆さまと共に、バージョンアップさせてゆきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Facebook
メニュー
サイト内検索