設立の趣旨

自然界のすべてのものは、太陽エネルギーを頂点とするエネル
ギー循環によって成り立っています。
人間も昔からそのような自然エネルギーの一部を利用しながら
生活してきました。
今日、私たちは大量の化石燃料によるエネルギーによって、便
利で快適な生活を手に入れました。しかし、その結果は深刻な
地球温暖化の原因となり、南極の氷が溶けはじめ、ツバルの島
々が沈む現象など、深刻な問題を引き起こすまでになりました。

その解決策の1つとして環境教育、とくにエネルギー教育が必要
と考えます。エネルギー教育の入り口として、もっとも身近なもの
にソーラークッカーがあります。
ソーラークッカーを使って理科・環境・防災・国際理解など教育の
中に導入しようと考え、2004年にソーラーエネルギー教育協会
を設立しました。
その後、活動が海外にも発展したため、2008年に名前を「日本
ソーラーエネルギー教育協会」と改称しました。
教育とは学校教育が中心ではありますが、生涯にわたっての学
習(生涯学習)の意味ととらえます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Facebook
メニュー
サイト内検索