スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレニアムシティ(エコビレッジ)で「地球と未来のつくる祭り」とシンポジウム

ミレニアムシティ(エコビレッジ)での祭りとシンポジウム     
11月22日千葉県香取郡くりもと町
9月に体験講習したエコビレッジで「地球と未来をつくる」お祭りがありました。その一環として「未来ビレッジサミット創作シンポジウム」がありました。6人のパネラーの中で特にエネルギー教育問題のパネラーとしての要請があり、「ソーラークッカー」における導入と世界の子供達の安全な水の確保や国際環境教育への導入を画像中心に話をさせていただきました。
また当日は大変良い天候でしたので、「焼いも」と「ソーラーティー」を皆さんに試食していただきました。
またこのビレッジの周りでは有機野菜を作っているので、「バー」も出展して「ソーラー有機ティー」などとして食とエネルギーの地産地消の1つの入り口を見せるチャンスにもなりました。
また次の日は、新しく建設される海が見える旭町に建設されるエコビレッジの地鎮祭がありました。
ここは最初から食とエネルギーの自給を目指して、多くの自然エネルギーが使われます。
特長はパッシブソーラーとアクティブソーラーの2つの融合です。このビレッジには、すでに当協会の名前でソーラークッカーを2台(古いEGソーラーときらぴか)寄贈しました。新しく来年建設される「旭ミレニアムシティ」には、彼らはミニ博物館兼ソーラーキッチン構想を描いているようです。
おしゃれなこのエコビレッジには、すでにフランスとイタリアのテレビ局が取材にきています。
ミレニアムシティで「地球と未来をつくる祭り」とシンポジウム














トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Facebook
メニュー
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。