スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラークッカー全国大会2016in 甲府

屋外の様子 
7月16日いよいよ第2回ソーラークッカー全国大会の当日になった。
朝からどんよりした曇り空、薄日が差してくれればと空を仰ぐ。
8時前に甲府リサイクルプラザに2台の車5人で到着し、大量の荷物
を下ろす。北は群馬、南は福岡からそれぞれが工夫した手作りの
ソーラークッカーを携えて 続々と集まってくる。
縮小20160716_110532

JSEAは,そろいのブルーのTシャツで勢揃い、やる気満々だ。
今日は日本初の4.8L真空管MASAMUNEのお目見え。
10時の開会式から、残念ながら天気は曇り時々薄日。
「これではクッキングが 出来ないよ」と周りが言う中、1L真空管や
2.2L真空管で鳴門金時の焼き芋、甲府のスィートコーンを焼き
始める。良い 感じで焼けた匂いがたまらない。

縮小20160716_102743

主催者から電気を提供いただき270Wの投光器を取り出し写真
の3脚にセット し、投光器の白熱電球の光を日本初の4.8L真空管
に当てる。パウンドケーキと焼き芋、甲府の夏野菜カレーと祝島の
ご飯が出来上がり参加の親子に食べていただいた。
「ちょっと辛かったけれど美味しかったよ」との感想でした。

3時頃から太陽が顔を出したが、今日は、真空管クッカーだけが威力
を発揮しま した。
お疲れ様でした。来年は梅雨の時期は外しましょうね。

今年も素敵な出会いがありました。真空管を初めて見た方々、
「え~っ、これは 2重ガラスで真空なんですか」。真空管は、JSEAの
他に、厚木のひまわりソーラークッカー研究会、福津市のぬくみねっと
が 出展されていました。真空管をDIYで広めたいという私たちの試み
に賛同し興味を示された飯田市の方、恵那市の方、山 梨の方、NGO
ジュレー・ラダックの方、厚木市、福津市の真空管仲間とこれからも
普及に努めたいと心を新たにした一日 でした。

屋内の展示

 ○ ソラエネの過去の海外プロジェクトの展示    (インドネシアPT, スリランカ、ケニアpt)

 ○ 「ソーラークッカーの教育力」 10周年記念誌の紹介
    キープ協会の事務局長, 一般社団法人理事, ノンフィクション
作家の諸氏が買ってくれました。
      
 ○ COP21市民エリア出展報告    当協会のブースに立ち寄って1対1のコミュニケーションした
国々の人々や私たちが国際社会に対して果たした役割等を
    まとめたものです。
 ○ アンケート    買って日常使うとしたらどのタイプのソーラークッカーがあな た
     の生活に適していると思いますか?(添付に一覧表を付けました)
    その結果
    1位:パラボラクッカー、真空管クッカー
    2位:箱型、エデユクッカー

縮小室内展示

    真空管がパラボラと同じく1位に入ったのは驚くべきことでした。
今ま で真 空管クッカーは悪い点だけが強調されてきました。
しかし、曇りでもクッキングができるのは真空管クッカーだけ
    だったことが今回証明され たか らだと思います。
    さらに値段が安いこと。
    真空管の短所を改善してゆくことは今後のソーラークッカーに
    おける蓄熱研究であると改め て思いました。
    
   フェイス・ブック
     :https://www.facebook.com/japansolarenergyeducation/
      URL:http://www.geocities.j

エチオピアで使用実験したET003ソーラークッカーの紹介

事務所3縮小地図
ソーラークッカーET003(アフリカ向け)縮小
足利工大の中条先生がエチオピアの難民キャンプにて使用調査した
(第1回、第2回のべ2週間)ソーラークッカーET003は現地の方々の8割
近い満足度が得られた。
理由は、集光型ソーラークッカーで民家が火事になったことにより強い
不信感があったが発火する恐れがなく、ロバスト性が高く、軽くて、使い
やすいパネル型はエチオピア政府難民帰還民庁(ARRA)にも大いに
アピールできたとのことでした。
(エチオピアにおけるパネル型ソーラークッカー導入の可能性
中条祐一)より

当会の事務所には海外の方々がいらっしゃるので、ご紹介しています。
Facebook
メニュー
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。